大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

サイトメニュー

苦痛の少ない癌治療

ハート

癌治療で覚悟する事

癌治療と言えば、ある程度の苦痛などは覚悟して治療に当たるイメージを、持たれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに末期近くまで放置すると、手術や抗癌剤治療などで苦痛を伴う場合もあるかもしれません。しかし最近では検査も充実していますので、早期に発見できる場合もあります。そのため、癌を切らずに治療する方法も、試みる事ができる場合があります。その一つに放射線治療などがあります。放射線治療は切らずに治療しますので、その分、精神的にも肉体的にも負担が少なくなる場合が、あります。しかし注意したいのは、正確に照射するために、体を固定しますので、苦痛がないというわけにはいかないのが、難点の一つかもしれません。

正確な放射線照射

そのような放射線治療にも、研究により新たな治療器具が誕生しています。その一つがサイバーナイフというものです。サイバーナイフは、弱い放射線を正確に照射する事のできる医療器具で、周りの正常な部分への照射の危険も少ない可能性がありますので、安全に治療する事ができる場合もあります。正確な照射のため、エネルギーを集約できる可能性がありますので、より効果的な治療を行う事ができ、その安全性と効果的な部分が人気の理由の一つかもしれません。頭などが多少動いても、正確に患部を照射しますので、固定する必要もなくなり、負担も軽減しています。サイバーナイフの登場により、癌治療の可能性も広がり、さらに改良が望めれば、サイバーナイフが主流になる事もあるかもしれません。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。