大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

サイトメニュー

脳の外側にできる腫瘍とは

医者

脳腫瘍の一種で良性です

髄膜腫という病気をご存知でしょうか。これは脳腫瘍の一種ですが、脳腫瘍の中では良性のもので、しかも脳腫瘍全体の20パーセント以上を占めるものです。脳の中にできるものではなく、脳の外にある髄膜にできる腫瘍であるため、手術も比較的簡単です。他の病気や怪我で見つかるケースが多いのですが、最近は脳ドックがありますので、この脳ドックを利用すると早期発見ができます。 脳ドックは、脳卒中や脳梗塞、そしてこの髄膜腫のような脳腫瘍を未然に防ぐためのものです。特に脳動脈瘤の未然の発見などには大変便利ですが、髄膜腫もこの脳ドックでその存在が確認され、無症状のうちに手術を受けて全快となりますので、できればこのような機会を利用するのがいいでしょう。

自覚症状及び治療方法

髄膜腫には8つの種類があり、それぞれ症状や手術方法が異なります。女性に多いということで、女性ホルモンとの関係も指摘されています。また、時に多発することもあります。いずれの場合も、腫瘍が大きくなると頭痛や嘔吐、手足のしびれを感じるようになりますし、髄膜腫のできる部位によっては、視覚障害や顔面神経麻痺が出ることもあります。良性と言っても腫瘍であり、時が経つに連れて大きくなりますので、早めに治療を行うに越したことはありません。 診断方法は主にCTやMRI、場合によっては脳血管造影などが用いられます。手術以外には放射線治療が行われることもあり、まれに悪性の腫瘍ができた場合や再発した場合には、特に放射線治療は大きな効果を発揮します。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。