大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

サイトメニュー

がん検診の必要性

ドクターとナース

年々増えつつある大腸がんについて

がんの中でも、最近特に増えつつあるのが大腸がんです。 大腸がんは、長さが2メートルもありまして、特にS状結腸と直腸にがんが、 できやすいと言われております。 大腸がんが増えつつある要因としまして、食事の欧米化にあります。 昔は、和食を中心とした食事をしておりましたが、時代とともに食事の内容も 変わりまして、今では和食より洋食のウエイトが大きくなりまして、 栄養の偏りや、野菜不足が問題となっているのが現状です。 特に、お肉を食べる機会が多くなりまして、それに伴いましてがんの罹患率が 大きくなってきております。 特に、50歳を過ぎたころから増える傾向にありますので、今からでも食生活の 改善を行いますと、リスクもかなり軽減されるものと考えております。

早めの検診でがんを防ぎます

何より一番の方法としまして、大腸がんの検診を受けることです。 一般的には、症状が全くありませんので、早めに検診を行いますと、 早期発見となり、がんも完治しますので、検診を受けるのは大変重要です。 一番身近なものとしまして、地域や職場での大便の免疫学的潜血反応で、 簡単に受けられる検査となっております。 検診で異常が見つかっても、そくがんとは限りませんので、その場合は、 病院に行きまして、詳しい検査を行うことが必要です。 検査は、大腸内視鏡検査を行いますが、より詳しく検査ができますので、 定期的な検査を行った方が、早期発見で完治しますので、検査は大変重要です 症状が出てからは遅いですので、何も自覚症状がない時にこそ検診を受けまして 早期発見できます。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。