大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

サイトメニュー

がんについて

カウンセリング

病気の情報をネットで

肺がんは、治るのが難しいがんのひとつであるとよく言われます。それだけに、肺がんと告知されたら大きなショックを受けるでしょう。実際、告知された後病院から自宅までどう帰ったか覚えていないと言う人もいます、ショックで記憶が飛んだのでしょう。 しかし、最近はインターネットのおかげで、様々な情報が特別な知識を必要とせず簡単に入手できる時代になりました。当然、肺がんの情報もすぐに入手できます。良い病院、良い医師を探すために検索するのが基本ですが、それだけではありません。実際に肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気になっています。 やはり、実体験を読めるわけですから、勉強になるでしょう。肺がんのブログの人気ランキングもあります。

検査を受けよう

難治性がんと言われる肺がんですが、なぜ他のがんと比べて厄介なのでしょうか。それは、初期の段階から転移しやすいと言うところにあります。発見した時点で、過半数は転移していると言うデータも存在します。 転移すると、画像検査で全てを見つけることが難しくなるので、積極的に手術ができません。ですから、肺がんはとにかく早く見つけることが重要になってきます。肺がんはできる部位によって、自覚症状が違うので、それぞれの自覚症状の特徴を把握しておきましょう。 とは言え、肺がんは初期では自覚症状が出ないと言うのが常識とされています。自覚症状が出た時点で、進行していることも少なくありません。なるべく、毎年1回検査を受けるようにしましょう。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。