大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

サイトメニュー

負担のない治療法

聴診器

私達の体は、毎日三千個ものがん細胞が発生しているとされています。しかしそれが、がん細胞が体へ悪影響を及ぼすことはありません。体の機能が健常であれば、多くの場合体に出来たがん細胞は免疫細胞によって排除されるため、がんによる影響は与えられないのです。がんを退治する免疫細胞として、有名であるのがNK細胞です。NK細胞は、単独で体に現れた異物を排除できる機能をもった免疫細胞です。このNK細胞は、体にできたがん細胞を見つけると、すぐさま攻撃に移るため、小さい段階でがん細胞を排除できるのです。しかし、この免疫細胞の働きが弱っている場合、こうしたがん細胞を見つけても死滅させることができず、悪性腫瘍として成長することを許してしまいます。また、最近の研究ではがん細胞自体が正常な細胞であるようにシグナルを発しているとされており、NK細胞ががん細胞の存在を見つけられず、大きな腫瘍に発達することがあるのです。こうした厄介ながん細胞を除去するため、利用できるのが樹状細胞療法です。樹状細胞療法では、がん細胞の存在をキャッチした樹状細胞が、NK細胞へがんの存在を知らせるため、高い治療効果を得られるのです。

樹状細胞は、体に入り込んだウィルスなどに対してもその存在をNK細胞に知らしめ、積極的に排除するよう働きかける機能があります。樹状細胞にがん細胞特有のタンパク質を与え、培養した樹状細胞を体内に投与することで、体内の悪性腫瘍であるがんへたくさんのNK細胞による攻撃を行なうことができます。この治療法は免疫療法と呼ばれ、体が持つ自然の免疫系を駆使することで、体に負担を与えずに治療が行えるのです。通常のがん治療といえば、多くは切開による治療法や放射線を照射する治療法が行われていましたが、これらの方法は体に対して大きな負担を与えるため、体力の低い高齢者や子供では行えないものでした。しかし、この樹状細胞療法であれば、体への負担もないため、体力の低い患者でも利用ができます。また、負担が少ないので、他の治療法との併用も可能となることから、一般のがん患者へ対して高い治療効果を与えられるとして、多くの人に注目されている治療法なのです。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。