大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

サイトメニュー

検査の特徴

ドクター

人間ドックの検査とは

人間ドックは企業で働いている社員などであれば年に一度は無料でうける事ができます。身長、体重、血液検査、尿検査、胸のレントゲン、腹部エコー、胃の検査や大腸がん検査などが一般的な人間ドックです。 仕事をしていない専業主婦などは数万円かけて人間ドックに行く人も多いです。自治体によっては40歳をすぎれば無料やワンコインで検診をしてもらえる場合もあるので自費で行く前に自分が住んでいる自治体で確認をしてみるのがよいです。 最近では人間ドックでPET検診なども出来る病院もあるので費用をおしまない人は体の隅々まで検査をしてもらえるPET検診もよいです。PET検診は安くても約10万円くらいかかりますが痛みや苦痛を伴う事がないのがメリットです。

人間ドックと健康診断

よく職場などで実施される健康診断と、それとは別の人間ドックについて、どちらが検査項目が多いのかなどの差は人間ドックの方が圧倒的に多くなります。 健康診断は労働者の場合には、労働安全衛生法で決められた検査項目を最低限しかしない場合がほとんどであるのに対して、人間ドックではそれらも含めてさらによりいろいろな検査項目を調べることになります。検査項目が多い人間ドックであればあるほど、比例して検査費用も高くなる傾向がありますが、職場が実施するようなものの場合には、所属先から補助が出る場合も多々見受けられます。 なお、人間ドックではさらに追加で検査項目を増やすことができる場合があり、女性の場合では婦人科検診であったり、あるいは脳ドックを追加することができる医療機関などが存在します。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。