大腸がんになったら早期発見して転移させないようにする

喉に発生するがんとは

相談

タバコを吸い過ぎたりお酒を飲み過ぎたりすると、咽頭がんになってしまう可能性が高くなってしまうので、できるだけ控えることが大切になります。また、運動する習慣を生活に取り入れることも大切です。

詳しく見る

腹痛などを発症した場合

医者

都筑区の内科では腹痛などの症状を診てくれるので、そのような症状を発症してしまった場合は気軽に受診することが大切です。内科の種類はたくさんあるので、自分に合った病院を見つけることが大事です。

詳しく見る

サイトメニュー

検査の特徴

ドクター

人間ドックという検査は今となってはとても重要なことで、血液検査や内臓の検査を徹底的に行うことができます。自費診療として利用するだけでなく、福利厚生の一部になっている場合や自治体が提供している場合もあります。

詳しく見る

負担のない治療法

聴診器

私達の体には日々三千個ものがん細胞が発生しますが、それらは全て体の免疫細胞が除去してくれます。この体の免疫系を利用した治療法として樹状細胞療法があり、体への負担が無いことから子どもや高齢者でも利用ができるのです。

詳しく見る

罹患率1位のがんについて

医者と看護師

大腸がんは2015年には罹患率が1位になるとの予測がたてられています。大腸がんになりやすくなる危険因子には、脂肪を多く含む食品の摂りすぎなどがあります。食生活を改善したり検診を受けて大腸の病気を早く見つけることが、大腸がんの予防につながります。

詳しく見る

大腸にできてしまうがん

病院

大腸がんは日本人が発症してしまうがんの中でも、比較的発症しやすいがんとなっているので、発症させないように注意することが大切です。大腸がんの進行はがんの中でもゆっくりと進むため、早期発見ができれば手術で取り除くことができます。しかし、早期発見ができなければがんが進行してしまい、手術で取り除くことが不可能となってしまう場合もありますし、がんが転移した場所によっても手術ができないときもあります。そのため、早期発見してがんを転移させないようにしなければなりません。

大腸がんの原因は主に食生活の乱れが原因とされており、欧米化した食生活が原因ともいわれております。野菜やなどの低カロリーを摂取する機会が多かった日本食と比べて、欧米の食事は肉中心で高カロリーの食事が多いです。このような食事をたくさん摂取してしまうと、様々な病気になってしまう可能性が高くなってしまい、大腸がんを発症してしまうことにもなります。できるだけ健康的な食事を摂取することを心がけることが大切になります。日本人の本来の食事である日本食を食べることで、がんの発症のリスクを抑えることができます。

どんなに健康的な食生活にしても、遺伝で大腸がんになってしまうときもあります。家族や親戚でがんになってしまった人がいるのであれば、自分もがんになってしまう可能性が高いので注意が必要です。大腸がんになっていなくても、がんになってしまった人がいたら注意です。

人気記事

カウンセリング

がんについて

インターネットのおかげで肺がんの情報も簡単に入手できるようになりました。最近は、良い病院や医師を検索するだけでなく、肺がんを経験した人のブログを検索するのが人気です。実体験を読めるので勉強になります。とは言え、なるべく、毎年1回肺がんの検査を受けるようにしましょう。

ハート

苦痛の少ない癌治療

癌治療においては、手術などを行う事なく、治療のできる放射線治療などがありますが、固定されたりして、負担も大きい場合があります。しかしサイバーナイフの登場で、正確な放射線照射が行えるようになり、負担が少なくなりつつあります。

医者

脳の外側にできる腫瘍とは

髄膜腫は脳の外側にある髄膜にできる腫瘍で、脳腫瘍の中でもポピュラーであり、良性の物が多いのが特徴で、時に多発することもあります。最近は脳ドックもありますので、早めに発見して手術を行うこともできます。診断にはCTやMRIが用いられ、また手術以外に放射線療法がおこなわれることもあります。